[豆知識]perl cgiの高速化 -perlcc-

perlで大掛かりに組まれたCGIの中には、モジュールをたくさん使うものなど、処理に時間がかかるものあります。
今回は、perlccを用いてあらかじめコンパイルしておき、高速化させることにしました。
*基本的にコンパイルに時間がかかる様なCGIでのみ高速化が期待きそうな感じです。
丁度いいところに貧弱なサーバで動いてる、とっても低速なawstatsがあったので、コンパイルしてみました。
ちなみに、perlccの使い方については、 man perlccコマンドで確認できます。
[root@www cgi-bin]# perlcc -B awstats.pl ↑バイトコードバックエンドを使用してコンパイル
[root@www cgi-bin]# ll
合計 2476
-rwxr-xr-x 1 root root 1966174 5月 23 01:20 a.out   ←コンパイルされたファイルが出来上がっている
-rwxr-xr-x 1 root root 5407 11月 19 2005 awredir.pl
-rwxr-xr-x 1 root root 544954 11月 25 05:11 awstats.pl
[root@www cgi-bin]# mv awstats.pl awstats.pl.org ←もしものために元ファイルを.orgとして保存しておく
[root@www cgi-bin]# mv a.out awstats.pl ←コンパイルしたファイルを元ファイル名にリネーム
[root@www cgi-bin]#
これで、サーバに設置してあるawstatsのもたつきがほぼ無くなり、スムーズに閲覧できるようになりました!
参考: perlcc – Perl プログラムから実行形式を生成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です